2008年02月19日

かわいいBABY〜 ハイハイ!

可愛いBaby〜 ハイハイ!
と言う事で、我が家に家族が増えました!

とても可愛いです。どうすればこんな可愛い子が生まれてくるのか!? カンペキ! かわいい〜です。(*^_^*)

赤ちゃんを産むのに、母親が入院し、残された子供達も、とてもいい訓練で、母親不在をたくましく乗り越えた子供達は、今思えば、一皮向けたような気がします。

今はとても手がかかってある面は大変ですが、それも嬉しい大変なので、前向きに頑張れます。

お父さんも、母親不在の激動の荒波を敢然と乗り越えました。

長男が皆の夕食を何とか食べさせて、遅くなって、夜中に帰宅する事もあった父親の夕食の準備もしたり・・・。

母親にただただべったりだった一番下の子も、今ではお兄ちゃんに色々と口答えして、強くなりまさに豹変して、たくましい子になりました。家の中でさえも、一人では誰もいない1Fや、2Fに行けなかった子が、勝手に一人で2Fに行って、寝ていたり・・・・が普通となりました。 以前は、全然想像もできなかった出来事です。

来るべき未来を思えば、この子達をしっかり育てていかなけらばならない責任と、特に経済面を心配なく子供達を育てていけるように、父親は頑張らねばならない。 ---自分に言い聞かせている。 

みんな!ありがとー!!!
posted by Jun at 22:52| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

一人遊び

4男がよく言っている独り言。ある面一人遊び。

両目を目頭に寄せて、いわゆる 『ひんがら目』 を突然勝手にして遊んでいる。

それだけなら誰も気付かないかもしれないが、そこで発言がある。

『あ、ママが二人いる!』  『あ、パパとママが二人いる!』 

妻の答え。

『あ、おばかが一人いる!』
posted by Jun at 21:48| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

子供が撃沈!

何かゲームでもしてたのかって?

実は、自分自身が撃沈した。。。。。

我が息子ながら、キャッキャと遊ぶ姿は、自然児そのもの。
野生の生物のようである。
木登りが大得意で、するするすると上り下りする姿は、まるで山の主か?子猿か?我が息子か?と言うくらいである。

撃沈・・・とは。。。。。家に吹き抜けみたいな部分があり、そこに細工をしてロープをたらしていて、『のぼり棒』ならぬ『のぼりロープ』を設置していた。

しかし、なかなか歯止めの利かない子猿(!?)たちは、親猿(??)に遊び道具を取り上げられてしまった。

してはいけない時間を決めてるのに、くつろいでいるときに、突然『ターザン』みたいにやめてくれ!(笑)

親の叫びは、地響きを立てようが、その時は恐れおののかれようが(!?)効果長続きせず・・・・・・。

親猿は、自作のお気に入りの遊び道具も、あえなく撤収!

子猿は一時は耐えて、にわかに存在も忘れたかのようであった。

それ自身が仮の姿であった。。。。。

子猿は賢い。学習能力が高い。目の前でターザンは、駄目だと気付いたので、中空に輪を自作して、ブランコのようにして遊んでいた。
そうです。ロープの途中で輪を作って、高さ約3.5mの位置で、ブランコ遊びの状態。

子猿ご機嫌。いつでもブランコ ぶ〜らんこ!

でも、そのご機嫌は、いつまでも続かなかった。

・・・子猿自作の輪は甘かったのか! 子猿撃沈!転落!呼吸困難!!と第一報を受けた親猿!

既に夜であった。すぐに帰るから! と親猿は、家路を急いだ。

第二報。子猿の母親からであった。もう大丈夫そうだよ。心配掛けてごめんね。との事。

でも、既に会社を飛び出していた親猿は、そのまま家路を急ぐ。

帰り着いたら・・・・・・子猿は寝ていた。

平和そうな寝顔を見て、親猿はまずは一安心でした。

チャンチャン!
posted by Jun at 21:28| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

TVを見ていて・・・・

昨日の午後、『ごくせん』の再放送があり、下の子と妻で見ていたそうです。

そのときは、『ヤンクミ』が

『あなた責任を取れますか!?』

と問い詰められ、真剣なシーンでした。

顔がアップになり、問い詰められ、緊迫のシーン。

『責任を取れますか!!?』 重々しく流れるBGM

写されるアップの顔。 緊迫の雰囲気。

空気が重い・・・・。

そこで4男が一言。



























『責任取れなかったりして。』






緊迫した雰囲気は一気に吹き飛び、妻はバクショウ。

どないなっとんねん。この間合いのよさは!

ちなみに年長さん(6歳)の息子でした。
posted by Jun at 22:34| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

はじめまして

のどかな田舎に住んでおります。

家の前には、墓地もあります。(←唐突に何の関係じゃ!?)

我が家には、可愛い息子達がいます。

先日、保育園から帰宅した4男が2Fの子供部屋に行き、開口一番! 

『○○君(2男)と○○君(3男)が3時半になって寝てるよ!』

なんじゃそれ!? 意味不明!? 

等と思いながら、確認に行くと、2男と3男が時計の如くにちょっとしたフカフカしていたところで寝ていた。

『2男が長い針で3男が短い針で、時計みたいだったよ』

とは、4男の言葉でした。なるほど。

おもしろい!ざぶとん1枚!!
posted by Jun at 23:26| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。